« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

今週、美味しかったもの

今日は、15時頃から約1時間ジョギングをしました。

松並木の遊歩道で走ったのですが、時折晴れ間もあって、汗だく。

途中、ちびっ子が水遊びをする場所があり、その水音を聞いて涼みました。

最近はまめに体を動かしているので、体重は減少傾向。

何年かぶりの70kg切りが近づいております。

が、食事量は変動なし。

今週、食した中で特に美味しかったのは、西日暮里にある「蕎麦吉里 童心舎」の鴨汁そばと、草加にあるプチレストラン「マリンカヤ」のつぼ焼きです。

鴨汁そばは、鴨肉がサイコロ程に細かく切ってあって、蕎麦と一緒に食すると格別の味わい。

つぼ焼きは、パン生地にヨモギが練り込まれていて、とっても風味豊かなお味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

哀しい話題

昨日の午後は、雨にも負けずにお出かけ。

まずは、北千住の「茶翁」へ。

煎茶と和菓子のセットを頂いた後、ところてんと「美留久豆腐」なる冷たいデザートも食して、満足しました。

続いて、西新井へ移動。

M氏と合流し、居酒屋で春高バスケ部のインターハイ出場を祝ってから、「カフェ・クレール」へ行きました。

出演は、草鞋(KAZU&SUZU)(tap)、関口洋美(vo)、太田朱美(fl)、関根彰良(g)。

面白い組み合わせのステージを楽しみました。

ところで、ライヴの休憩時間に私が携帯でチェックしていたのは、「全日本大学駅伝関東学連推薦選考会」の途中経過。

残念ながら、大東は14位に終わり、本戦への出場権は獲得できませんでした。

伊勢路への連続出場は、11年でストップ。

哀しい結果になりました。

がっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めでたい話題

3枠の埼玉県代表を決める、バスケットボールのインターハイ予選。

4強による総当たりの決勝リーグ戦に臨んだ春高は、正智深谷に84-76で勝った後、埼玉栄に68-88で敗れましたが、今日、昌平に72-59で勝ち、2勝1敗という成績でした。

同じ勝敗の場合は、直接対決で勝った方が上位になるというリーグ戦。

最終順位は、1春日部(2勝1敗)、2昌平(2勝1敗)、3正智深谷(1勝2敗)、4埼玉栄(1勝2敗)となりました。

全勝チームなしの混戦でしたが、春高は見事に1位通過でインターハイ出場切符を手にしました。

ぱちぱち。

春高は、2年連続のインターハイ出場。

昨年は2勝してベスト16に入る健闘でしたが、今年は更に上位を目指して頑張って欲しいものです。

今年のインターハイは、地元埼玉での開催。

出かけて、観戦してみようかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蒸し暑い一日

先ほどから雨が降り始めましたが、昼間は時々晴れ間もある曇天。

午前中の洗車や夕方のジョギングでは、汗だくになりました。

本日、それらの間に鑑賞したのは、中島みゆきのDVD「歌旅」。

歌の映像は、昨年の12月18・19日に東京国際フォーラムで収録されたものですが、19日は私も会場におりました。

なので、とても嬉しい記録作品。

会場で聴いたときと同じように、途中、何度も涙がこぼれました。

名曲の数々。

中島みゆきの歌は、正面から向かい合うと、慰めにも励ましにもなりますな。

同じ時代に生まれた幸せ。

他会場も含めて、コンサート・ツアーの舞台裏の模様も収録されているので、それらも楽しめる作品でございます。

買うべし、聴くべし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オレオレ電話

木曜日の昼間、うちに弟(千葉県在住)の名をかたった電話がかかってきたそうな。

用件は、通帳と印鑑をなくして困っているということ。

お袋が電話に出たのですが、「声が違うみたい。」と言ったら、「風邪を引いて寝込んでいる。」と返してきたそうです。

何度も弟の名前を告げて、困窮している旨を訴えてきたらしいのですが、お袋は信じず。

「確認するから、改めて電話するように。」と話したところ、再度の電話はありませんでした。

電話を一旦切った後、念のため、お袋は弟の携帯電話に連絡したのですが、やはり弟は健在。

他人事と思っていたオレオレ詐欺ですが、我が家でも気をつけないといけないなあと思った出来事でありました。

他人を演じるといえば、昨日の夜、主人公が殺し屋を演じる映画「ザ・マジックアワー」を観ました。

ふんだんに笑える場面があり、堪能。

よくこんな筋書きを思いつくなあと感心しました。

先週は「相棒」を観て、結構楽しんだのですが、個人的な評価では「ザ・マジックアワー」の方が上でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組み合わせ決定!

夏の甲子園・埼玉県予選の組み合わせが、本日決まりました。

春高は、2回戦からの登場。

7月12日(土)14:00から上尾市民球場で、児玉白楊と対戦します。

初戦を突破したら、後は全て県営大宮球場での試合。

テレビ埼玉の中継があるはずなので、どんどん勝ち上がって欲しいものです。

それから、バスケットボールのインターハイ予選。

こちらでは、春高が6月20日(金)から始まる決勝リーグへ進んでおります。

正智深谷、埼玉栄、昌平と3枠を争うようですが、全国大会へ進めますように!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

柔らかな手触り

今日は、S氏と新宿の紀伊國屋ホールで「あした~愛の名言集」という芝居を観てきました。

脚本・演出をしながら、出演もしたのは、立川志らく。

その他に、なべおさみ、入江若葉、森口博子、北原佐和子、須藤温子、酒井莉加、岩間沙織、原武昭彦、柳家一琴といった方々が出ておりました。

渡し船が沈んだことにより亡くなった人々が、1ヶ月後の夜中の数時間、現世の縁ある人と触れ合うストーリー。

短い時間における、それぞれの人々の気持ちの有り様が、きっちり描かれておりました。

すっかり舞台に引き込まれ、あっという間の2時間。

心持ちにしっかり区切りをつけてから、死にたいものだなあと、しみじみ思いました。

8月22日のテレビ放映も楽しみ。

原作の赤川次郎「午前0時の忘れもの」や、大林宣彦・監督の映画「あした」にも触れてみようかしらん。

以前聴いたシネマ落語の「あした」も、もう一度聴きたいなあ。

080615_2003001 終演後、出演者がパンフレットにサインをしてくれたのですが、握手をしてくれた北原さんと森口さんの手は、とても柔らかでした。

むふふ。

会場を出てから、新宿三丁目・池袋間だけですが、昨日開通した副都心線電車に乗ってみました。

新しい車両は、何となく乗っていて心地よいですな。

その後、山手線・千代田線と乗り継いで、北千住駅で途中下車。

「ひので家」さんで、あんみつとどら焼きを購入しました。

美味いんだなあ、これが!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千葉でうろうろ

昨日は、千葉県へお出かけ。

まずは、ラグビー観戦のため、草加駅→北千住駅→我孫子駅と経由して、木下(きおろし)駅へ。

なかなか読めない駅名だなあと思いつつ、下車。

ラグビーマガジンの記事によると、駅前から無料シャトルバスが出ているはずなのだが、乗り場もバスも見あたらず。

あれれ。

ちょうどよい時間の路線バスはないようだし、タクシーに乗るのもしゃくなので、事前に眺めておいた地図をぼんやり思い出しながら、歩く。

お天気がよいので、汗だく。

080614_1323001 30分以上経過したが、一向に会場の案内表示がないので、道が合っているのか、試合に間に合うのか不安を覚える。

そんなときに出くわした停留所。

心臓に悪い。

やがて、松山下運動公園陸上競技場を発見。

草っ原を抜け、ショート・カットして、会場へ急いでいるときに、背後で駐車場に向かうシャトルバスを見かける。

駅から歩いて50分後。

ようやくスタンドへ。

やれやれと腰を下ろすと、ちょうどキック・オフ。

バスに乗ってきた人は、恐らく試合開始に間に合わなかったと思う。

お気の毒様。

北千住駅構内で購入したおにぎりをぱくつきながら、汗を拭き拭き、観戦する。

前半、風下だった大東は、ノックオン等のミスが目に付き、劣勢。

後半10分くらいで0-17となったが、ここから挽回する。

選手交代も上手く作用したのか、5つのトライを連取し、ゴールも全て決めて、35対17で流通経済大に勝利。

よしよし。

080614_1305001 引き続き、トップ・リーグのチームによる試合が始まったが観戦せず、シナリ・ラトウ氏(写真中央)のお姿を眺めてから、帰路につく。

やはりバスは見つからないので、徒歩。

途中、お客さんが一人も乗っていないシャトルバスとすれ違う。

電車の到着時間や試合開始時間に全く合わせず運行しているのか、ぷんぷん。

その一方で、通りがかりの小学生が皆、「こんにちは!」と声をかけてきたので、気分をよくする。

「見ず知らずの大人にも挨拶しなさい。」と躾けられているのかしらん。

復路も駅まで50分。

たっぷりと水分補給をしてから、木下駅→成田駅と経由して、酒々井(しすい)駅へ。

通過した下総松崎(しもうさまんざき)駅共々、これまた読めない名前ですな。

酒々井町内を1時間くらい散策してから、整体院「ぼすとん」でみっちりと60分コースの施術を受ける。

結構、足に疲労がたまっていたのだが、すっきり。

その後、院長のY氏夫妻と酒宴をしながら、酒々井で夜を迎えた私であった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

最近読み終えた本

まずは、福田智弘『ビジネスに使える「文学の言葉」 現場を潤す古今の名言集』。

文学作品中の文章を引用しながら、仕事をする上で必要な心構え等を記した著作でした。

自宅で一気読み。

この中で取り上げられている文章は、ほんの一節なのですが、芥川龍之介「蜘蛛の糸」、太宰治「お伽草紙」、中島敦「山月記」等は全編読んでみたくなりました。

因みに、福田さんは春高相撲部の一年先輩。

中小企業診断士をされているようです。

それから、主に電車の中で読んだのは、椎名誠『全日本食えば食える図鑑』。

日本のあちこちを巡り、う~むとうなりたくなるような食べ物を食して、記したエッセイでした。

個人的には、納豆コーヒーゼリーサンドあたりはいけそうですが、ゴカイやイソギンチャクは無理。

食べる機会が訪れないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お引っ越し中

火・水・木・金と8kmずつ走ったら右膝がお疲れモードになったので、昨日はおとなしく休養。

あれこれと、パソコンの引っ越し作業に時間を費やしました。

ネットで検索しながら、手順を学習。

internet explorerのお気に入り情報やら、outlook expressのデータやらを無事に移設することができました。

夕方には、結構ばてばて。

西新井カフェ・クレールへ出かけて、気分を一新しました。

出演は、松本茜(p)、山下弘治(b)、正清泉(ds)、杉本篤彦(g)。

おなじみのピアノ・トリオにギターが加わって、より一層高揚感が増していたように感じました。

松本茜デビューCD「Fallin' in Love with Phineas ... 」の発売直後ということもあって、満員の聴衆。

「Oleo」の遊び心のあるフレーズが特に印象に残ったライヴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シエナ三昧

本日は、錦糸町のすみだトリフォニーホールで行われたシエナ・ウインド・オーケストラの定期演奏会へ出掛けてきました。

11:30からは、ファン・クラブ会員限定のゲネ・プロ見学。

リハーサル風景を後方の客席から眺めることができました。

ステージ上の面々は、普段着のまま。

指揮者・金聖響さんの赤いパーカーが印象に残りました。

徹底した音のチェック。

コンサート・マスターらが何度も客席に降りて、音を確認しておりました。

14:00から本番。

正装に着替えたシエナのメンバーが、素晴らしい演奏を披露してくれました。

B.マーゴリス編(プレトリウス原曲)「テルプシコーレ」で聴けたリコーダー・ソロ。

あんな風に吹けるようになりたいものです。

そして、客席にも演奏者を配したO.レスピーギ「交響詩ローマの松」。

ラストの迫力に圧倒されました。

最後はもちろん、お客さんもステージに上がれる「星条旗よ永遠なれ」。

大いに盛り上がって終演となりました。

ぱちぱち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »