« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

衣替え

久し振りに長袖シャツを着て、お出かけ。

ティーダくんに乗って、熊谷ラグビー場へ向かいました。

途中、行田を通過。

「かなざわ製菓」で「いがまんじゅう」(赤飯に包まれたまんじゅう)を購入し、「元祖田舎っぺ」さきたま古墳店で「肉ねぎ汁うどん」を食しました。

12:45、熊谷スポーツ文化公園に到着。

時間に余裕があったので、1時間ほど公園内を散歩してから、熊谷ラグビー場へ。

大東のブースでチケットとTシャツを購入してから、中央席の最上段に陣取りました。

やや寒さが増したので、ウインドブレーカーを羽織って、大東VS拓殖を観戦。

序盤は大東がペースを握り、10点先行したのですが、スペースのあるところで拓殖にボールを与えたことからピンチを招き、逆転を許しました。

前半は、10-17で終了。

後半に入り、大東が敵陣にいる時間が増えたのですが、なかなか得点に結びつかず、何とか17-17とした後、17-23と再びリードされました。

終盤、1トライを奪い、22-23としたのですが、ゴールは惜しくも失敗。

最後も攻めあぐね、そのまま敗戦となりました。

無念の開幕2連敗。

080928_1822001 自宅に戻り、いがまんじゅうで哀しみを和らげる私でありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤と赤

今日は、少し肌寒いお天気。

陽差しも柔らかく感じました。

まずは、散髪と洗車ですっきり。

気分を一新することができました。

夕方からは、松並木の遊歩道でジョギング。

レッズの赤いTシャツを着ていたのですが、所々で同じ色の彼岸花が咲いておりました。

昨日は体育館のランニング・マシン上であれこれと物思いにふけりながら走ったのですが、景色を楽しみながら走るのもよいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快勝!

ACLの準々決勝、先週はアウェイでクウェートのアルカディシアに2-3の敗戦だったレッズを応援するために、勤務終了後、埼玉スタジアムへ行ってきました。

080924_1926002ホームでレッズを後押しするサポーターは、約42,000人。

前半、エジミウソンのシュートがゴールのバーにはじかれ、嘆きの声が大きく響いたのですが、攻勢を続けるレッズは相馬のダイレクト・ボレー・シュートで見事に先制しました。

鮮やかなプレーにガッツ・ポーズ。

大声援に包まれて、前半は、1-0で終えました。

080924_2030001後半は、また違った彩りで選手をお出迎え。

すると、レッズは、期待に応え、闘莉王が角度のない位置からシュートを決めて、リードを広げました。

その後、やや押され気味の時間帯もありましたが、最後までレッズのペース。

結局、2-0でレッズが勝ち、1勝1敗となりましたが、ホーム&アウェイのトータルの得点は4-3でレッズが上回りました。

            よって、080924_2030002レッズの準決勝が決まり、めでたしめでたし。

喜び一杯の「赤き血のおじさん」でございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

欽ちゃんがやってきた

欽ちゃん率いる「茨城ゴールデン・ゴールズ」が越谷市民球場へやってきたので、ネット裏で観戦してきました。

対戦相手は、テリー伊藤の「のってけベイブルース」。

のってけBBには、ジョニー黒木や桑田真澄もおりました。

080923_1536001_2 桑田は、先発し、2回まで投げた後、センター→ライト→レフト→ショートとポジションを転々。

6-5と茨城GGがリードして迎えた9回表に、再びマウンドに上がりました。

写真は、代打・欽ちゃんと桑田の対戦。

桑田が手加減せずに投げたので、欽ちゃんは空振り三振でした。

試合の方は、9回裏にジョニー黒木の犠牲フライ等があり、茨城GGが6-7で逆転サヨナラ負け。

試合終了後には、桑田のあいさつ、胴上げ、場内一周もありました。

球場は、超満員。

途中、負けてるチームの得点が2倍になる特別チャンスがあったり、場内アナウンスが笑いを取ったりと、プロ野球とは違う面白さがある興行でございました。

個人的に注目していたのは、茨城GGの紅一点・片岡選手と大東出身の小嶋選手。

片岡選手は桑田との対戦でセカンドフライでしたが、引退したばかりのプロの球をはじき返したのは見事でした。

また、小嶋選手には個人スポンサーが付いており、登録名は「常磐牛 小嶋」。

4番ファーストでスタメンだったので、嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベッドで睡眠

9月20日(土)

7:30過ぎに職場から帰宅。

シャワーを浴びて、少しパソコンに向かっていたが、睡魔に負けて、布団の中へ。

一晩、職場の椅子でうとうとしただけだったので、熟睡。

昼過ぎに暑さと空腹で目覚める。

焼きそばを食べながら、録画しておいたドラマ「歓喜の歌」を鑑賞。

立川志の輔の新作落語を映像化したものだが、映画化されたものより面白く感じた。

ラストで合唱された「時代」に涙。

やはり名曲である。

その後、ベッドでごろごろしながら、吉永良正「アキレスとカメ」を読んでいたら、いつの間にか熟睡。

アキレスがカメを追い越せない理屈で頭の中が混沌としたみたい。

気がつくと17:00近く。

ばたばたと身支度をして出かける。

妙に白米とハンバーグを食べたくなったので、西新井Arioの「神田グリル」で夕食。

食欲を満たしてから、「カフェ・クレール」で赤坂由香利ライヴを楽しむ。

「When The World Turns Blue」でピアノの調べの美しさに酔い、「Autumn Nocturne」、「Autumn In New York」で秋の気配を満喫。

ゆったりとくつろぎの時間を過ごす私であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

訃報

9月19日(金)

以前このブログで紹介した千代窪洋輝さん(春高OB)が、9月17日20時23分にお亡くなりになったことを、朝刊で知る。

まだ、27歳

募金が集まり、心臓移植が成功するという未来を想像していたので、とても悲しい。

壮絶な闘病生活を送った故人に、合掌。

沈痛な思いのまま、岩槻川通球場へ。

雨の中、傘を差したまま、秋季東部地区代表決定戦を観戦する。

春高の勝利を願っていたが、0-6で越ヶ谷に3安打完封負け。

早くもセンバツの夢が絶たれ、寂しい。

職場へ向かう途中、松伏町の「嶋田屋」で昼食。

具たくさんのみそラーメンで心身ともに暖まる。

13時15分から勤務となったが、台風に備えて、勤務時間終了後もそのまま居残り。

結局、翌朝7時15分まで職場で過ごす。

まあ、被害はなくて良し良しと思いつつ、自宅で睡眠体制に入ろうとする私であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3連休はスポーツ観戦3

東武伊勢崎線電車で浅草駅へ。

廃盤になってしまい、Amazonが取り寄せることができなかったCD「落語DEBAYASHI~出囃子~」を、ラグビー観戦の前に探す。

「ヨーロー堂」では見当たらなかったが、「宮田レコード」で無事発見。

さすが、浅草である。

「富士そば」で春菊そばをたぐってから、銀座線電車で外苑前駅へ。

試合開始までたっぷり時間があったので、表参道付近まで歩き、適当に路地を巡る。

曇天なので、あまり汗もかかず、気持ちの良いお散歩。

1時間ほど経過したところで、偶然、秩父宮ラグビー場の側の通りに出たので驚く。

大東のジャージを模した根付と携帯クリーナー(共に200円也)を買い込んでから、大東ブースで中央席券を購入。

好ゲームを期待しながら、メインスタンド中央最上部に陣取る。

試合前に大東&法政のプロモーション・ビデオがスコアボードに映し出されたが、BGMだけでナレーションがないので、いまいち。

映っている選手の名前lくらいわかるようにしたら、良いのになあと思う。

やがて選手入場。

大東のパンツが黒に変わっていたので、新鮮な感じを覚える。

15:04にキック・オフ。

大東は、スクラムが劣勢でリズムをつかめない。

前半は、0-19で終了。

後半に入り、10-19と差を詰めたが、その後、再び突き放される。

結局、10-33で敗戦。

スクラムを修正できないようだと、今季も苦戦が続くだろうなあと思いつつ、寂しく帰路につく私であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3連休はスポーツ観戦2

9月14日(日)

本日も晴天。

照りつけるお日様に負けず、40分ほど自転車をこいで、越谷市立総合体育館へ向かう。

バスケットボールのウィンターカップ・埼玉県予選。

インターハイに続き、春高が全国大会へ行けるように祈念する。

準決勝で春高は、埼玉栄と対戦。

第1Qを23-20で終え、やや優勢かと思われたが、次第に埼玉栄のペースにはまる。

第2Q終了時は33-42。

第3Qにやや盛り返し、45-49で第4Qを迎える。

攻勢に出た春高は、一旦は逆転に成功。

その後、競り合いが続く。

1点ビハインドの終了間際、春高は逆転シュートを狙ったが外れ、逆に速攻でシュートを決められ、試合終了。

72-75で、惜しくも敗れた。

残念。

決勝までの間に松伏町の「嶋田屋」でみそラーメンを食そうと思っていたのだが、取りやめて、強い陽差しを浴びながら、自転車で草加へ戻る。

40分後、「大勝軒弁天店」に到着。

「もり月見とろろ」で、哀しみを和らげる私であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3連休はスポーツ観戦1

9月13日(土)

草加駅から東武伊勢崎線電車で越谷駅へ。

バスに乗り換えて、浦和美園駅へ向かう。

特に渋滞もなく、すいすい。

早めに到着してしまったので、イオンでぶらぶらしてから再び浦和美園駅へ。

N村一家と合流して、強い陽差しの下、てくてく歩く。

途中、ケータリングカーの売店が並んでいたので、「スブラキ」500円也を購入。

ピタの間に、キャベツとラム肉が挟まっているギリシャの食べ物だそうな。

更に、埼玉スタジアムの外で生ビールも買って、メインスタンドへ。

早速、スブラキを食す。

あまり辛くないチリソースと相まって、ラム肉が美味。

ビールに合って、大変よろしい。

気分良く、レッズVSトリニータを観戦。

が、ゲーム内容はいまいち。

点が入りそうもない雰囲気で時間は経過し、そのまま0-0で終わる。

何か物足りない気持ちを抱えながらの帰路。

浦和美園駅でN村一家と別れ、イオン方面へ。

バスで新越谷駅へ行こうかと思っていたのだが、心地よい曇天になったので、バス停を通過して徒歩継続。

行き止まり道にはまったりしながら、のんびりと更に1時間くらい歩く。

ほどよく疲れたので、県民健康福祉村の停留所からバスに乗り、越谷駅へ。

東武伊勢崎線電車で松原団地駅まで行き、夕暮れの中を「中華そば+温野菜」を求め、「大勝軒弁天店」を目指す私であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぐれ当たり

昨日は、春日部の大沼公園に4つの事務所が集まって、19:00からソフトボール大会。

私は、大きくリードされてからセカンドに入りました。

1ヶ月くらい前に一度、軽く練習しただけだったので、思うように動かぬ体。

センターから2塁へのワン・バウンド送球にグラブがついていかず、捕球できなかったのが残念でした。

打つ方では2打数1安打。

結構、球が速く、2回空振りもしたのですが、たまたま振ったところにボールが来て、センター前ヒットとショートゴロでした。

バットにボールが当たったので、充分充分。

取りあえず怪我なしで過ごせて、よしよしの夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野球雑誌と春高

まずは、「野球小僧10月号」。

ぺらぺらとめくっていたら、読者からのお便り欄に、この夏の春高の快進撃を紹介した拙文も載っておりました。

アンケートはがきに、ちょろちょろと書いたもの。

あれ、恥ずかしや~でございます。

いつか本文の方でも、春高が取り上げられたら嬉しいっす。

そして、「大学野球秋季リーグ戦展望号」。

特集で、東大野球部の再建計画が掲載されておりました。

受験してくれるように、マネージャーが高校へあいさつ回りに出向いているそうなのですが、春高にも訪れたそうな。

かつては1987年度に伊藤豊氏が主将を務めたこともあったようですが、現在、東大野球部に在籍している春高OBは、ゼロ。

来年は、誰か受験するのかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生ジャズ

本日は、のんびりとスタート。

午前中は、ルベン・シメオ&シエナ・ウインド・オーケストラ「トランペット・サーカス~スペインから天才少年がやってきた!」を聴きながら、「本の雑誌9月号」、堀井憲一郎「落語の国からのぞいてみれば」、広瀬和生「この落語家を聴け!」を読んでおりました。

この2人とは好きな落語家が似通っているので、ふむふむと納得する点が多数。

時折、見事な演奏のCDに耳を奪われつつ、読了しました。

午後は、テレビで広島VS阪神を途中まで観て、外出。

北千住で日本茶カフェ「茶翁」に顔を出してから、「ひので家」でどら焼きを購入しました。

明日食べるのが、楽しみ楽しみ。

そのまま、西新井へ。

Arioで靴を眺めてから、「カフェ・クレール」で松本茜トリオを鑑賞しました。

8月は聴く機会がなかった生のジャズ。

スタンダード・ナンバーの「Misty」、「Daahoud」等の他、オリジナルの「Twilight」等も良かったです。

携帯で確認したら、タイガースが今月初勝利。

よしよしと満足のいく一日となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »