« 一昨日、昨日 | トップページ | パン屋さん開拓 »

荒天

雨が降ったり、やんだり。

風も吹き荒れている本日。

おとなしく、読書にいそしんでおりました。

加納朋子「スペース」(創元推理文庫)。

過去の作品に登場した人物が、別の人の物語に鮮やかに織り込まれていました。

巧くて、温かい構成。

このシリーズの完結編が構想されているそうなので、早く手にしてみたいものです。

P.S.この本に取りかかる前に読んだ本

清水義範「新築物語」(角川文庫)…作家が借地で自宅の建て替えを済ませるまでの過程を、面白可笑しく綴った小説。実務書にもなりそうな一冊でございました。

椎名誠「わしらは怪しい雑魚釣り隊」(新潮文庫)…個性的な面々との釣りにまつわる出来事を記した作品。相変わらずの遊びっぷりが、いいですな。

|

« 一昨日、昨日 | トップページ | パン屋さん開拓 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒天:

« 一昨日、昨日 | トップページ | パン屋さん開拓 »