« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

涼しく高校野球

今日は、千葉マリンスタジアムへ行ってみようかなあと思っていたのですが、寝坊したので断念。

テレビやラジオで楽しむことにしました。

埼玉は、準々決勝。

聖望学園が本庄第一を振り切って、準決勝進出を決めました。

ただ今、春日部東と市立川越の試合が行われておりますが、テレビ埼玉からNHK-FMの千葉放送局に視聴を切り替え。

準決勝の習志野VS拓大紅陵の中継を聴いています。

今のところ、拓大紅陵が2点リードしておりますが、吹奏楽の音量は習志野がリード。

オリジナルの応援メロディがいいですな。

7月21日(火)

夜は、久し振りにコスパへ。

プールで1時間ほど動きました。

クロールで25m泳いだだけで腕がパンパン。

無駄に力んでいるのでしょうなあ。

後はもっぱら小走りをしておりました。

090725_1350001_2 7月22日(水)

蕨チョウゲン坊に有志集合。

松本茜(p)、太田朱美(fl)、山下弘治(b)によるトリオの演奏を楽しみました。

鳥取出身の従姉妹同士が埼玉で共演ということで、写真は目玉親父とコバトン。

鳥取と埼玉の友好を表してみました。

090723_1934001 7月23日(木)

M夫妻の招待を受けて、北千住へ。

高層マンションから花火を鑑賞しました。

時折、雨が降ったので、会場に行かなかったのは正解だったかも。

ご馳走をたっぷり頂いて、ビールにワインも進みました。

090724_2159001 7月24日(金)

18:00から川口駅付近で職場の暑気払い。

中華料理に舌鼓を打ちました。

終宴後、会計手続きをしていたら2次会に向かった方々とはぐれたので、これ幸いと大宮へ移動。

大宮JAMで赤坂由香利トリオを堪能しました。

酔った頭に染み渡る上質のジャズ。

心地よく夜は更けていくのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠ってすっきり

本日は、予定なし。

久し振りにアラームを使うことなく、睡眠を取りました。

約12時間熟睡。

寝たなあという実感のある目覚めでした。

7月14日

22時30分過ぎまで残業。

7月15日

19時で残業を切り上げて、蕨「チョウゲン坊」へ。

K田夫妻、Y岡氏と一緒に赤坂由香利トリオのライヴを楽しみました。

ヴォーカル&ピアノに、ベースとギターが加わった編成。

「アルハンブラの思い出」なども演奏されて、曲の彩り豊かなステージでした。

休憩時間に直木賞の選考結果を検索。

北村薫「鷺と雪」が受賞したことを知り、喜びました。

私が春高生だったとき、母校で教壇に立っていた北村氏。

教わる機会がなかったことが惜しまれます。

生・北村体験は2回。

最初は、文化祭でのOB企画でした。

かつての授業を再現する催しで、松尾芭蕉の句の解釈等に関する講義を受講することができました。

その後は、K夫人が参加した朗読劇「語り女たち」を観に行ったときにロビーで遭遇。

観劇後に客席を出たら、そこに原作者がいて、非常に驚いたことを覚えています。

7月16日

22時30分過ぎまで残業。

7月17日

数ヶ月前にチケットを確保していたので、定時で職場を出て、東京文化会館へ。

佐渡裕・指揮のオペラ「カルメン」を鑑賞しました。

日本語ではないオペラを観るのは初めて。

けれど、舞台の脇に日本語訳が表示されたので、問題なくストーリーを把握することができました。

今回のキャストは、一部だけが外国人。

視覚的にちょっと違和感がありましたが、迫力のある声楽、映像も使った演出に殊の外、惹かれました。

18時30分から3時間を超える公演だったのに、あっという間に終幕。

とても面白かったので、来年の「キャンディード」も観てみたいと思いました。

7月18日

目覚ましが鳴ったが起きられず。

浦和市営球場に着いたとき、第1試合の八潮VS朝霞は既に5回裏。

八潮側の観客席で、息子さんが出場しているU倉氏の他、N藤氏、S石氏を発見し、合流しました。

今年の3月まで同じ職場だった3名と声援を送りましたが、7回コールド0対8で八潮は敗退。

残念な結果になりました。

3人と別れ、第2試合に登場する三郷北の関係者集団に接近。

三郷北で教壇に立っている、K氏を見つけました。

春高で同じクラスだったK氏と会うのは高校卒業以来だったのですが、お互い一目で認識。

再会を懐かしみました。

球場を出た後は、北浦和駅前の「まつや」でうどんをすすってから、職場へ。

3時間ほど仕事に励みました。

その後、東京ドームへ移動して、阪神戦。

GファンであるT橋氏のお誘いなので、1塁側での観戦となりましたが、終盤に大差をつけられて、無念さをたっぷりと味わいました。

7月19日

8時30分から18時30分までの勤務で、ようやく作業のノルマ達成。

解放された後のタンメンと餃子の味は格別でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

深夜ですが、嬉しいニュース

春高OBの北村薫氏が、「鷺と雪」で直木賞を受賞しました。

ぱちぱち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏が終わりました…

春高野球部の2回戦を見越して、本日は夏休みを確保しておりました。

草加駅から春日部駅まで電車移動。

途中、G・K・チェスタトン「ブラウン神父の童心」(創元推理文庫)を読了しました。

すいすいと読める文体ではなかったので手間取りましたが、何とか完読。

あまりのめり込めなかったなあと思いつつ、「本の雑誌」8月号へ移りました。

春日部駅からは、バスで終点の「かすかべ温泉」まで行き、徒歩。

痛いような陽差しを浴びながら、ナイター照明を目印にして20分ほど歩き、岩槻川通球場へたどり着きました。

試合開始前に、声をかけてくださった野球部OBの大先輩H氏と歓談。

興味深い話を聞くことができました。

その後、野球部OBのやや後輩S氏と合流して、いざ試合開始となりました。

本日も春高応援席は、大入り。

熱い声援を受けた春高ナインでしたが、羽生第一の小柄なサウスポーを打ちあぐね、三振とポップフライの山を築いてしまいました。

結果、0-3で完封負け。

13三振を喫し、安打は2本だけという完敗でした。

無念の気持ちを抱えたまま、春日部駅周辺へ移動して、中華料理店にてS氏と打ち上げ。

今回のチームへの慰労と、次回のチームへの期待の気持ちをを語り合いながら、生ビールを飲む我々でありました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

今夏も初戦突破!

甲子園予選が埼玉でもスタート。

春高は、今日が初戦でした。

残業で午前様になる日が続き、昨日はようやく3回目の目覚ましコールで起床したのですが、本日は初回でお目覚め。

仕事と野球観戦とでは、やはり気合いの入り方が違いますな。

草加駅から春日部駅まで電車に乗り、「かすかべ温泉」行きバスに乗り換え。

終点のバス停から、岩槻川通球場を目指しました。

田んぼの中を抜けて、ぶらぶら歩くこと20分。

無事に球場へ到着しました。

観客席が少ないので、春高側の応援席は立ち見が大勢出て、あふれんばかりの状況。

私は座れましたが、春高の試合は座席の多い球場に割り当てて欲しいところです。

さて、大声援に後押しされて、試合開始。

春高は、毎回得点で着々とリードを広げていきました。

結果、14対0で栗橋に5回コールド勝ち。

まずは大勝で、好発進となりました。

ぱちぱち。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ボストン→ぼすとん→Boston

先週は、月曜から金曜まで全日残業。

日々、23:00前後の自宅到着だったので、心身共に疲れました。

よって、土日はリフレッシュ・デー。

昨日の午前中は、NHK-BSでボストン・レッドソックスVSシアトル・マリナーズの中継を眺めました。

アメリカ独立記念日ということで、マリナーズも赤い帽子を着用。

赤い帽子のイチローには、違和感を覚えました。

昼前にお出かけ。

京成酒々井駅前の「うなよし」で鰻丼を食してから、整体院「ぼすとん」へ。

書類仕事で肩胛骨周りに疲れを感じていたので、そのあたりを中心に施術してもらいました。

すっきりしてから、夜は代々木の「NARU」で赤坂由香利トリオを鑑賞。

ピアノの脇の席だったので、指使いを間近に見ることができました。

ピアノに表記されていたのは、「Boston」という文字。

ボストン、ぼすとん、Bostonと続いた一日となりました。

本日は、だらだら睡眠の後、床屋へ。

さっぱりした頭で、午後はジョギングでもしようかしらん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »